読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなこんぴー

忘れ事が激しい俺の残し物

人生のスランプなのだろうか

大して頑張ってないのに

スランプってのもおかしな話だが

何をどうしたらいいのか迷い

何も手につかない状態が続いている

 

正しい判断ってのが分からなくなる

さらに自分で判断できなくなってきている

あの人はそう考えるだろう、とか

妙なフィルター越しで判断しようとするから

一貫性のない判断になってしまう

正しいかどうか分からないけど

とにかく自分はこう思うと強く言いたい

 

そうなってくると自信がない

なんだろうこの自信のなさは

自信がないから相手の判断に委ねたくなる

これは軽い鬱という症状なのだろうか

 

目標はある

やりたいことは山ほどある

だが、手を付けられず後回しにして

負け続けてる

望んでない生活を続けてる

 

子供が2人目産まれて夜泣きが大変とか

上の子と遊ぶため自分の時間がとれないとか

会社を続けるべきなのかなどの人生設計の不安とか

ぐるぐる頭の中で駆け巡り

なんだか集中できない

 

ちょっとまいってる、、

あまりストレスを感じない人間で

人付き合いもうまくいってると思うが

なんかまいってる

 

どうしたら好転するだろう

今日はがんばったねと

自分に言える状況を作ればいいのか

 

こうやって吐き出すだけでも

少しは気が楽になるか

 

浅田真央選手の現役引退

浅田真央選手がフィギュアスケートの現役引退を表明した話題備忘録

 

驚いたことにまだ26歳なのか

日本の第一線の選手として

だいぶ息が長く活躍してたと思ってたが

何という短い選手生命であろうか

 

いや、競技者としては終わるだけで

プロでスケートを続ける道があるか

指導者や解説者の道もあるが

あの真央ちゃんから想像しにくい

 

競技以外の人生でも色々あったから

やっぱり応援したくなるよね

活躍を期待したい

 

目次

 

現役引退を表明した日

2017年4月10日 ブログにて引退を表明

真央ブログ | 浅田 真央オフィシャルウェブサイト | ご報告致します。

 

引退会見

2017年4月12日 東京プリンスホテルで引退会見を開く

最後の全日本選手権(2016年12月)で、「もういいんじゃないかな」というふうに思いました

と会見で答えていた

白いスーツ姿でいつもの笑顔を見せていた

 

プロフィール

名前:浅田 真央(あさだ まお)

誕生日:1990年9月25日

出身:愛知県名古屋市

引退時の年齢:26歳

 

話題のワード

高梨沙羅選手「すごく寂しい」

・浅田さんが期待しているのは宮原選手

・最後の全日本選手権は12位

・現役続行と父親の逮捕

 

参考

浅田真央 - Wikipedia

 

サイト内リンク

そんなのあったね話題一覧

 

切迫早産の可能性で嫁の入院が決まった当日の父親の心境を語る

嫁の入院が決まったその日の話

そのとき父親は何を思い何を語るでしょう

振り返ってみると面白い

 

目次

 

いつの話

2016(平成28年)12月中旬

父親(俺):34歳7ヶ月

母親(嫁):34歳1ヶ月

長女:2歳8ヶ月

次女;お腹の中で8ヶ月

 

根拠のない入院確率論

正直8割くらいの確率で入院しないだろ

と根拠のない確率論を展開していた今回の入院劇

 

というのも、嫁は普通に生活してたし

腹が張ってて痛いとは言ってるけど

入院は大げさでしょって思ってた

 

だいたい「入院」って響きに現実味がない

身体の不自由とか

死に直結する出来事じゃないと

入院なんてまずしないよねって感覚がある

 

身籠もることのない浅はかな男の想定範囲を超えている

到底この入院の事実を受け止めきれてない

嫁が家に1ヶ月以上居ない現実を

分かっているようで分かっていない

俺はこの環境の変化に耐えられるのだろうか...

 

即日入院です

およそ一週間前の検査で

子宮頸管が短いと診断されていて

今日の検査でより短くなってれば入院です

って話だった

 

「変わりないですねーおうちで安静にしててください」

が最も期待する病院からの回答だったが

「入院です」

が正解だった

 

嫁はベッドに寝かせられ

腹に器具を取り付けられて

お腹の中の赤ちゃんの心音が

部屋に鳴り響いている

 

長女も一緒にいたが

給食を運ぶようなワゴンの中に入って遊んでる

入院っていう現実を理解していないだろう

無邪気そのものだ

 

さよならをしたら

今日はおうちにお母さんがいないんだよ?

その悲しい事実を長女は受け入れられるのだろうか

お父さんも不安でいっぱい

 

昼夜二人きりの生活

俺と長女の二人きりの生活が始まる

 

昼は家族で何食おうかなぁ

とか午前中は呑気なこと考えてたのに

朝昼晩子供の食事を考えなくてはならない立場になるとは

この変化、あまりに心臓に悪い

 

とりあえず昼は近くのスーパーで

いか天とイカフライとコロッケを買った

コロッケは長女に食べさせるためで

いか天は俺の英気を養うためだ

 

夜飯は家にあったウィンナー系を焼いて食べさせる

長女は押し入れて遊んでる真っ最中で

ごはんだよーと言っても遊ぶのを辞めない

無理矢理食卓に連れてくると泣きそうだし

俺の心労に堪えないため

押し入れで食事を済ませた

 

そこから睡眠に至るまで

長女が泣くことも癇癪起こすこともなく

お母さんが居ないことを口にも出さなかったので

意外なことに今日1日が平和に終わった

 

どっと疲れた

まだ20時くらいだったが早めに子供を寝かせて

俺も早く寝た

これから起こる不安をシャットアウトするように

 

 

グラップラー刃牙 4巻

グラップラー刃牙4巻の感想とまとめ

作者:板垣恵介

初版:1992年(平成4年)9月10日

雑誌:週刊少年チャンピオン

 

レスラーの強さが強調されるこの巻

誰もが知る実在の人物をモデルとした

キャラクターが登場することでも注目が集まる

 

目次

 

第28話 前座レスラー・花田純一

好きなシーン
お茶汲み女にちょっかい出す花田
始まりの場面
刃牙ストライダムと再会
終わりの場面
花田、スーパーセーフを破壊
主な登場順
ストライダム範馬刃牙(はんま ばき)、徳川光成(とくがわ みつなり)、レスリングフリースタイルの内藤、中国拳法の張(チャン)、柔道130キロ超級の佐藤、格闘カラテの高田、バトルサンボの黒川、徳川家に仕えるお茶汲みの女、花田純一(はなだ じゅんいち)
雑多な感想

徳川家って、ある程度名のある格闘家なら

すんなりご老公に面会通しちゃうのね

ってまず思った

 

大物政治家とか警察上層部とかヤクザ幹部とか

そのくらいの地位にいる普通じゃない人

数年に1度会えるかどうかという人物に見えるから

こんなチンピラ格闘家が徳川光成に物申すなど

あってはならない気がしてならない

光成自身、格闘家であれば

敬意を持って接してるのであろうか

 

第29話 挑戦権を奪え!!

好きなシーン
威勢だけは良かった内藤さんはケンカを遠慮する
始まりの場面
花田、右フックを喰らう
終わりの場面
花田、地面を武器にする
主な登場順
花田、島田(前の話では高田)、内藤、張(前の話ではチャンだったがちょうと呼ばれてる)、佐藤、黒川、徳川
雑多な感想

あんだけ大口叩いておいて

花田にボロカスにやられてるやんけ

闘わなくたって分かりそうなもん

って花田が言ってた気がするが

相手の実力も測れない未熟者たちだったとは

恥ずかしくて格闘家を名乗れませんよ

もう引退したほうがいいんじゃないか

 

花田も花田で調子に乗ってるので

刃牙にボコボコにされてほしいと願うが

ここはまだ花田がいかに強いかを表現する場なので

静観しておこうか

 

第30話 破門された男

好きなシーン
花田ごときと刃牙がオーラを纏うシーン
始まりの場面
刃牙、本部の柔術を観る
終わりの場面
花田、八百長レスラー
主な登場順
本部以蔵(もとべいぞう)、刃牙ストライダム、ボブ・マーシュ、花田、控え室の外人レスラー達
雑多な感想

レスラー達の中でも一際異彩を放ち強い

レスラー界最強の男なんじゃないか

と花田の強さを匂わせる

目立ちたがり屋っぽい花田が

なぜに負け演出するのかが気になるけども

カネが絡んでるんだろうね

ショーとして観客を喜ばせたいとか

健全なレスラー感は一切ないからね

 

それと

本部流柔術の免許皆伝者である花田

チャラい花田が免許皆伝だなんて

なんか本部さん底が浅くなってないですかね

 

第31話 影が疾走った!!

好きなシーン
鼻血噴出スクワットする花田
始まりの場面
花田、トレーニングジムへ
終わりの場面
花田、ボッコボコで現る
主な登場順
花田、トレーニングジムの生徒、謎の人物、刃牙、本部
雑多な感想

うむ、花田がやられてスッキリした

花田と刃牙が闘うのが当然の流れだったのに

さらにつえー奴をもってきたこの演出

作者板垣さんの計算には恐れ入る

 

結構イキのいい使えそうなキャラだった花田だが

ここで活躍の場は途切れてしまったね

前座は前座で大人しくしてろって話だ

 

第32話 巨人の降臨

好きなシーン
本部の電話で生き生きする徳川
始まりの場面
本部、花田の有り様に取り乱す
終わりの場面
マウント斗羽、地下闘技場に現れる
主な登場順
花田、本部、刃牙、徳川、マウント斗羽
雑多な感想

花田の有様に刃牙もがっかりだろうな

本部が強そうな立ち振る舞いしてただけに

免許皆伝の花田がこのザマだからね

 

それにしてもそのまんまジャイアント馬場

こういうのって許可出てんのかな

 

第33話 首領・マウント斗羽

好きなシーン
マウント斗羽のパンプアップ
始まりの場面
地下闘技場の断面図
終わりの場面
刃牙、いざ斗羽が待つ方へ
主な登場順
マウント斗羽、加藤清澄(かとうきよすみ)、愚地独歩(おろちどっぽ)、テコンドーの金田(カネダ)、本部、刃牙
雑多な感想

一つ大きなイベントの前には

必ずちょい役(やられ役)がいて

そいつらって格闘界でも強いほうの部類だろうけど

品格がないっていうのが面白いね

闘う前に乱入するとか

場をわきまえない奴で溢れてる

 

まぁ、みんなケンカしに来てるわけだし

スポーツマンシップを求めるのもおかしいか

 

第34話 暴乱の巨人

好きなシーン
ケンカをしにきたと宣言するマウント斗羽
始まりの場面
刃牙、観客の声援を一身に受ける
終わりの場面
斗羽、圧倒的に強いのか?
主な登場順
刃牙、マウント斗羽、独歩、加藤、徳川
雑多な感想

本部の助言が空を切る!

刃牙は斗羽と対面し強さを肌身に感じる

到底スピードでかき回せないと

それを本部は至極真っ当なアドバイスしかできない

本部、、斗羽の強さをどう受け止めてる?

成り下がりに歯止めが効かない...

 

第35話 許されざる敗北

好きなシーン
斗羽のスクワットが道場をプールにする
始まりの場面
斗羽、ぶっちぎりに強い
終わりの場面
斗羽の過去
主な登場順
マウント斗羽、刃牙、独歩、加藤、過去の斗羽、力剛山(りきごうざん)、花田、ストライダム、ユージロー
雑多な感想

斗羽の年齢が気になった

プロレスのテレビ中継シーンだが

テレビ一台に民衆が群がっていた

その中に学生の斗羽が居た訳であるが

果たしてこの刃牙と対峙するときの年齢はいくつ?

 

斗羽は馬場ではないが参考として

ジャイアント馬場は1938年生まれで

漫画の初版が1992年なので、単純に差し引くと

54歳という闘うには高齢すぎる年齢

それでこの強さなら現役時代はどんだけ強いのか

 

第36話 急所を攻めろ!!

好きなシーン
一番最後の斗羽が親指で「ズン」ってやってるとこ
始まりの場面
刃牙、斗羽を倒すため狙いを定める
終わりの場面
刃牙、何をやっても通じない斗羽に焦り
主な登場順
刃牙、マウント斗羽、独歩、加藤、徳川、ユージロー、ストライダム
雑多な感想

ちょいちょい出てきて影のままコメントする

ストライダムの横にいるユージロー

今後誰もが知ることになる刃牙父親だが

このときの演出では「結局小物なんでしょ?」

っていう感じがあった

 

大体こういう大物ぶった登場をする輩は

刃牙にボコボコにされると相場が決まってるのだが

まさか本気で地上最強だとは

この時代に読んでた読者は思わないだろう

 

グラップラー刃牙の魅力は

範馬勇次郎がいてこそ輝くのである

 

公園に生えてる笹竹を刈ったやつが危険

子供を公園に連れて行って思うが

細くて短い竹のような植物がびっしり生えてる

その一帯は危険ではないか?

 

10cmほどの高さだけど

その乾燥した竹のような物体は強度がある

勢い余ってつまづいた時

大人でも手のひらを貫通するかも

打ち所悪ければ死ぬかも

そのくらいの危険度だ

 

転んで子供の目にグサってのが

容易に想像できてしまう

 

これ問題になってんでないの

と思い検索してみる

「公園 笹竹 危険」

「細い竹 怪我」

なんだ?なんもヒットしない

みんな困ってないのか?

実害ないのか?

俺の検索方法がまずいのか?

あの細い竹の正式名はなんなんだ?

3分ほど検索したが諦めた

 

危険と言うならばもっと他にあるだろ

と言わんばかりの検索結果だ

自然のものをいちいち脅威に感じてたら

キリがねーですよってな感じですか

 

 

まーしかしだ

公園を草刈りして整備する人はどう思ってる?

原っぱに生け花の剣山があったら恐ろしいでしょ?

そんなことを思いながら

モヤモヤが晴れないまま

俺の思いは確実に残しておくことにする 

 

SMAP解散

SMAP解散の話題備忘録

 

もともと特別なオンリーワンが集まって

ゴタゴタの中で解散

見聞きする情報が全てではないが

誰と誰が仲悪いとか近い人同士での悪口とか

ワイドショー見ててなんでそうなるかなとは思う

 

彼らは歌を歌い届ける人でもある

感謝や仲間を思う気持ちとか

人との繋がりを大切にする気持ちを

散々歌ってきたのにも関わらず

今回噂された人たちの心には

届いてなかったのだろうか

 

あと味が悪さを感じる解散だが

数年後あの時は大変だったねって集まって

関係が悪いと噂される人も含めわいわいやってほしいと願う

 

目次

 

解散日時

2016年12月31日 

 

解散の危機報道

2016年1月13日

報道内容

・飯島氏の退社

木村拓哉以外飯島氏についていく

SMAP解散

 

プロフィール

グループ名:SMAP

結成日時:1988年4月

活動期間:28年8ヶ月

 

名前:中居正広

誕生日:1972年8月18日

出身地:神奈川県

解散時の年齢:44歳

 

名前:木村拓哉

誕生日:1972年11月13日

出身地:東京都

解散時の年齢:44歳

 

名前:稲垣吾郎

誕生日:1973年12月8日

出身地:東京都

解散時の年齢:43歳

 

名前:草彅剛

誕生日:1974年7月9日

出身地:埼玉県

解散時の年齢:42歳

 

名前:香取慎吾

誕生日:1977年1月31日

出身地:神奈川県

解散時の年齢:39歳

 

話題のワード

・2016年1月18日 スマスマでSMAPメンバーの生謝罪

・「ジャニーさんに謝る機会を木村くんが作ってくれた」と草彅剛氏の謝罪の意味

メリー喜多川副社長

・ジュリー景子

解散後、木村拓哉氏以外のメンバーで打上げ

 

参考

SMAP - Wikipedia

 

サイト内リンク

そんなのあったね話題一覧

 

なんのためにブログ書き始めたんだっけ

ブログやろうと思ったきっかけは

4コマ描いて子育てや家族の出来事を

面白く振り返りたかったから

 

かつ、4コマで絵を描くのに慣れたかった

一瞬みて何となく再現できるくらいに

模写できたら子供喜ぶかなって

 

なんもできてない

インクもつけペンもある

だが一筆も描いてない

継続という言葉の重みが泣いてるぜ

 

2017年1月くらいからブログ始めて3ヶ月以上

何も4コマ描いてなくて何をしてたのか

ニュースや漫画ばかり追いかけてた

本来やりたいことをやっていない

 

絵を描く意欲はあるのか?

そう問われると微妙な加減になってきた

絵を描くことより自分の気持ちを残したい

4コマはあれば更に良いくらいのランク付け

2軍落ちの状態

 

ならば毎日の子供の触れ合いで感じることや

家族と子供の成長を父親目線で記していきたい

気になったことは逐一残していかない忘れてしまう。。

 

子の成長は一瞬だ

あっという間に大人になってる

残していかなければ

毎日が記念なんだ

 

よし、

どうやら目的が見えてきたようだ

4コマは必要になったら描いて追加すればいい