読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなこんぴー

忘れ事が激しい俺の残し物

ピンポン 1巻

漫画一巻読み

ピンポン1巻の感想とまとめ

作者:松本大洋(まつもとたいよう)

初版:1996年9月1日

 

松本大洋さんのピンポン1巻の感想書く

 

卓球出身者だからこそかもしれないが

見慣れた卓球用語に共感しつつ

引き込まれていった感じがある

 

1巻でメインの役者は揃ったのかな 

 

 目次

 

第1話 スマイル

好きなシーン
ペコに挑む大学生、3世紀早まったね
始まりの場面
スマイル、卓球部の練習前
終わりの場面
スマイル、ペコとの子供時代を回想
主な登場順
月本誠(スマイル)、星野裕(ペコ)、オババ、キャプテン山田、小泉先生、新入り大学生
雑多な感想

周りの大人はスマイルの才能に気づき

ペコは自分の才能に自惚れる

この関係がどう影響していくのか

波乱は静かに起きている

 

ペコのキャラがかなり印象的で

その言動に一瞬で惹きつけられる

魅力要素に溢れてる

描いた本人、松本大洋さんがそういう人間なのでは?

絵が独特で影がなく線がぐねぐねしている

その描き方も魅力ある描き方だ

 

第2話 ペコ

好きなシーン
ペコが先輩につっかかるところ
始まりの場面
ペコ、歴史の授業無視
終わりの場面
文革、日本に留学
主な登場順
ペコ(星野)、歴史の先生、スマイル(月本)、小泉先生、大田、キャプテン山田、孔文革(コンウェンガ)
雑多な感想

スマイルとペコの絆が随所に描かれているが

その独特な友好関係が思春期と相まって

雰囲気よくでてる

 

先輩らの陰湿なスマイルへの扱いと

先輩を小馬鹿にするペコと

人間味が溢れてる

 

しかし卓球部が気合い入ってる

もっと穏やかな人間がやるもんだと思ってた

それに部の占める面積が広い

体育館丸々じゃねーかな?

 

第3話 風の音がジャマをしている

好きなシーン
ひとんちの体育館で勝手に練習っておい
始まりの場面
大田、ペコとスマイルがいないことにキレる
終わりの場面
文革、卓球のラリーを聞いて実力を計測
主な登場順
1年生部員、大田、スマイル(月本)、ペコ(星野)、孔文革(コンウェンガ)、辻堂学院卓球部
雑多な感想

よその体育館で勝手に練習のところは

ペコの非常識さというか

興味を持ったらとことんなんだろうね

卓球への情熱が半端ない

 

卓球の音を聞いて上手い下手がわかるシーン

ここはとても好きだ

実力者になると音で想像が膨らむのか

卓球の魅力かもしれん

 

第4話 孔文革

好きなシーン
0-21という強烈な負けシーン
始まりの場面
ペコ&スマイル、辻堂学院で打ち続ける
終わりの場面
文革、スマイルを高評価
主な登場順
ペコ(星野)、スマイル(月本)、片瀬高校一年部員、小泉先生、大田、山田、孔文革(コンウェンガ)、孔のコーチ
雑多な感想

ペコがスコンク(0点ゲーム)

圧倒的に強い孔文革

 

圧倒的につえーと思ってたやつの

さらにつえー奴がでてきた

中国との差はそれほど広がってるのか

是非スマイルともやって欲しかった

 

第5話 ヒーロー

好きなシーン
スマイルなりのペコへの勇気づけ
始まりの場面
ペコ、卓球のタムラで陰鬱
終わりの場面
小泉先生、一人ラジオ体操
主な登場順
ペコ(星野)、オババ、スマイル(月本)、小泉先生、大田
雑多な感想

スマイルにとってのヒーローはペコで

ペコが自分(スマイル)に負けるなんて

想像したくないんだろうな

 

前回、孔文革の凄さを認識し

少し闘争心が芽生えたのか

アグレッシブに攻めてるスマイルが見える

そして小泉先生のプロポーズ

 

ペコ、さらに突き落とされるな

 

第6話 老人と少年

好きなシーン
スマイルに熱を上げる小泉先生
始まりの場面
小泉先生、スマイルを口説く
終わりの場面
風間、片瀬高校卓球部見学
主な登場順
小泉先生(小泉丈)、スマイル(月本)、ペコ(星野)、歴史の先生、大田
雑多な感想

主にスマイルと小泉先生との

卓球ラブシーンが前面に出ているが

スマイルも結構な態度だな

部活のコーチでもある先生に悪態つくって

なかなかできるもんじゃない

 

ドラゴン風間も出てきた

インハイ優勝者がなぜ

 

第7話 ドラゴン

好きなシーン
ドラゴンの卓球論を語るところ
始まりの場面
スマイル&ペコ、砂浜でだべる
終わりの場面
小泉先生、ドラゴンのAnswerに激昂
主な登場順
スマイル(月本)、ペコ(星野)、小泉先生、風間竜一(ドラゴン)
雑多な感想

やっべードラゴンの言葉かっけー

理想を掲げる事はたやすいのです。

ただ理想の追求を許された人間は少ない。

強い者の恐ろしく厳しい言葉だ。

 

名台詞がかなり多い今回

勝つために誰かを引きずりおろしたり、

したくないんだ。

というスマイル。

複雑になる人間関係など悩みがある。

スポーツだってただ楽しみたいだけなんだ、と。

 

ペコは相変わらずペコらしいが

この星の一等賞になりたいの、俺はっ!!

 打算で動かないペコには一等賞になる資格ありそう。

ただ、ペコに期待する周りの人はなぜかいない...

 

第8話 若者たち

好きなシーン
ドラゴンがスマイルの偵察理由を言う場面
始まりの場面
文革、正確無比なコントロール
終わりの場面
小泉先生、スマイルに試合を申し込む
主な登場順
文革(コンウェンガ)、孔のコーチ、辻堂学院の部員、スマイル(月本)、小泉先生、大田、ドラゴン(風間)、海王学園部員、佐久間学
雑多な感想

ドラゴンはいいキャラしてるな

スマイル偵察理由を特に言い訳もせず

分かりませんっ!!

 と言い放ちみんなポカンとしてる

これ無断欠席だったのかよ

思いつきで行動しちゃうタイプだな

 

それぞれの高校で

インハイに向けて熱を帯びる

 

第9話 バタフライジョー

好きなシーン
ペコが小泉先生の強さを分析する場面
始まりの場面
スマイルvs小泉先生、試合前練習
終わりの場面
小泉先生、スマイルに容赦ない
主な登場順
小泉先生、スマイル(月本)、大田、ペコ(星野)、山田
雑多な感想

小泉先生、いやバラフライジョー

この人強い、ただの英語教師じゃない

スマイルがされて嫌な事を見破る能力があり

それを実行する実力がある

 

絵で卓球の凄さを伝えるのは難しいと思うのだが

このマンガは描写が生き生きしててすごい

というか描写が難しいのは

スポーツ全般に言えることか

 

リオ五輪で卓球が賑わったこともあり

卓球の魅力伝えたいね

 

第10話 男はど根性だかんよ!!

好きなシーン
スマイルが不愉快になるとこ
始まりの場面
スマイルの頭の中
終わりの場面
スマイル、卓球台に乗る
主な登場順
小泉先生、スマイル(月本)、ペコ(星野)、片瀬高校部員
雑多な感想

スマイルの回想と混じって

ちょっとだけ根性見せたスマイル

ついに見れるか、本気のスマイル

 

ペコはスマイルを甘いと分析してるけど

自分が手を抜かれてることにも気づいてるのか?

いや、スマイルはプライドを傷つけることはしないか

 

だが、ペコも気付くかもしれんな

スマイルは自分以上の実力だと

 

第11話 性能

好きなシーン
スマイル子供時代、ペコに憧れるシーン
始まりの場面
スマイル、小泉先生を追い詰めていく
終わりの場面
小泉先生、ぶっ倒れる
主な登場順
オババ、ペコ(星野)、スマイル(月本)、小泉先生、片瀬高校部員
雑多な感想

見たかペコ

スマイルはこんな打ち方もできるんだぜ

小泉がけしかけて引き出された能力

ペコどうするよ

 

スマイルの回想でペコへの憧れがわかる

ペコみたいになりたいんだ。

今こそキミのポテンシャルを発揮する時だ

しかしあれだな、この時か?

初めて笑ったのは