読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなこんぴー

忘れ事が激しい俺の残し物

グラップラー刃牙 2巻

漫画一巻読み

グラップラー刃牙2巻の感想とまとめ

作者:板垣恵介

初版:1992年5月20日

 

刃牙の日常と

地下闘技場の全貌が明らかになる

 

日の目を見ない

異種格闘技の対戦カード

現実の世界にもあると面白い

 

目次

 

第9話 蠢き出す強者たち!!

好きなシーン
本部が親指を取って天井の蛍光灯に放り投げるところ
始まりの場面
刃牙、授賞式欠席
終わりの場面
刃牙、電車にすればよかった
主な登場順
範馬刃牙(はんまばき)、本部以蔵(もとべいぞう)の弟子、加藤清澄(かとうきよすみ)、本部以蔵(もとべいぞう)、愚地独歩(おろちどっぽ)
雑多な感想

きたよ本部

伝説だったんだなこの男

超実践柔術って響きだけが宙を舞う

 

伝説だって言ってんのに

つっかかる雑魚キャラはなんなのかね

明日が見えてない

 

本部と対峙し加藤が飛び込めない

本部自身も独歩を1分以内でしとめると言う

雰囲気だけはかなり強い

 

第10話 刃牙の棲む家

好きなシーン
刃牙の地下トレーニングルーム
始まりの場面
刃牙、帰宅そして大家さん
終わりの場面
刃牙、空手理解のために末堂をダシに使う
主な登場順
刃牙、大家さん(松本絹代)、ムサシ(犬)、松本梢江(まつもとこずえ)、末堂(写真)
雑多な感想

なんか知ってそうな大家さん

ウラがあるな

 

唯一のヒロイン登場で歓喜しない悲しさ

これほど女性率の低い漫画あるだろうか

男塾もそうか

 

第11話 凶犬を飼う

好きなシーン
金的が効かない独歩
始まりの場面
独歩、3年ぶりの加藤
終わりの場面
刃牙、ムサシ背負いランニング
主な登場順
独歩、加藤、刃牙、ムサシ
雑多な感想

飯食ってる途中で格闘開始

もったいない、という粗末な思いが先行する

加藤のヤクザ空手を圧倒する独歩

これでは加藤が騒がしいだけのヤツになっちまう

 

刃牙の犬ムサシも刃牙同様に傷だらけ

飼い主に似るというが

虐待はないか心配

 

第12話 刃牙に訊け!!

好きなシーン
全裸で水浴びする刃牙
始まりの場面
松本家の朝
終わりの場面
刃牙、ボクシング部の高山に目をつけられる
主な登場順
大家さん、場所、ムサシ、梢江、高山
雑多な感想

刃牙全裸は日常があっていい

風呂が無いのかと心配になるが

とりあえず公然わいせつ

だがこんだけ筋肉があるなら

許される気もする

 

第13話 ヘビィ級ボクサー・高山

好きなシーン
砲丸投げの玉が高山にぶつかる
始まりの場面
刃牙、登校時高山に目をつけられる
終わりの場面
刃牙、高山が放つ砲丸が目の前に
主な登場順
高山、刃牙、梢江、ボクシング部の監督、報道陣
雑多な感想

さりげなく末堂との試合は武道館だと知る

つまり、武道館から八王子方面まで

刃牙は走って帰ったということだ

 

高山が砲丸を直線で投げたが

こいつ大会出たら優勝するでしょ

都内記録保持者のメンツ丸潰れ

 

こういうツッコミがいがある

堂々とした演出がいいんだよなぁ 

 

第14話 刃牙、怒る!!

好きなシーン
先生の前歯が折れる
始まりの場面
刃牙、高山に勝負をけしかけられる
終わりの場面
刃牙、高山に真剣を望む
主な登場順
高山、刃牙、監督(宮坂先生)
雑多な感想

学校での刃牙の知名度がわかる

高山もそうだが先生たちも

刃牙の顔と名前が一致している

格闘家であることを知らないはずなのに

以外と有名人である

 

道具の手入れをしない高山

ボクサーとしては2流だな

刃牙よ、打ちのめしてくれ

 

第15話 激突、刃牙vs高山!!

好きなシーン
高山の拳を握り潰そうとするその握力
始まりの場面
高山の言う、この世で一番早い技
終わりの場面
お迎えにきた高級車
主な登場順
刃牙、高山、監督
雑多な感想

闘わずして実力を見せつける

いっぱしの闘技者を気取るのは10年早いンだよ

わかったか高山くん

チンピラ高校生ボクサーごときが

出しゃばるんじゃねーということさ

 

想像絶する世界で刃牙は闘ってんだ

 

第16話 核弾頭・加藤

好きなシーン
加藤の手刀で手の甲まで切れる
始まりの場面
刃牙、高級車で水道橋に向かう
終わりの場面
独歩、加藤を連れてお伽の国へ
主な登場順
刃牙、運転手さん、梢江、独歩、加藤、高木
雑多な感想

凶器使わずとも手刀で手の甲まで切れる

もう闘技者やめたくなっちゃうね

流血するほどの

デコピンかまされるし 

 

神心会の看板デカすぎるな

独歩のトラ殺し

人類の凶器ですな

 

第17話 武闘の聖地へ!!

好きなシーン
代々続く徳川の格闘熱
始まりの場面
東京ドームとご老公
終わりの場面
刃牙の前座、相撲とプロレス
主な登場順
独歩、加藤、ご老公、龍金剛(りゅうこんごう)、久隅公平(くずみこうへい)、刃牙
雑多な感想

いたずらが過ぎてるぜご老公

東京ドームで闘技場なんて

巨万の富が成せる暴力だ

 

特別なルートで選ばれた彼ら観客

格闘経験者とかご老公の関係者なんだろうか

素人がきちゃいかん場所だろう

値段も相当するだろうて