読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなこんぴー

忘れ事が激しい俺の残し物

SLAM DUNK 1巻

漫画一巻読み

スラムダンク1巻の感想とまとめ

作者:井上雄彦(いのうえたけひこ)

初版:1991年2月15日

 

今まで漫画読んできて

ベスト3には入るほど読み返してきた

読むたびに熱くなる

やる気のカンフル剤だ

 

1巻はほぼ桜木のお騒がせストーリーが進み

バスケに触れるところが少ないかな

 

目次

 

#1 桜木君

好きなシーン
3年の校舎で腹筋する桜木
始まりの場面
桜木、ごめんなさい50人達成
終わりの場面
桜木、体育館で晴子とバスケ
主な登場順
桜木花道(さくらぎはなみち)、洋平(ようへい)、大楠(おおくす)、高宮(たかみや)、野間(のま)、赤木晴子(あかぎはるこ)、堀田徳男(ほったのりお)
雑多な感想

湘北高校は不良だけが集まる高校ではないようだが

なぜ桜木が入れたか気になる

偏差値は一緒なのか?晴子もか?

特待生で流川目当てで入ってきた子だと信じたい

 

いやしかし

バスケットど素人から話は始まり

本格的にバスケット漫画に至るとはな

不良更生漫画だと思っちゃうからね初回

 

#2 流川楓

好きなシーン
ヤンキー界の桜木、水戸、etc.
始まりの場面
流川、校舎を歩く後ろ姿
終わりの場面
流川、屋上で眠りを妨げられる
主な登場順
流川楓(るかわかえで)、野間、大楠、高宮、桜木、水戸洋平(みとようへい)、晴子、晴子の友達、堀田先輩と他の3年生
雑多な感想

晴子がグッと可愛くなったな

桜木が惚れるのも分かる

 

桜木と水戸を同じクラスにする

っていう過ちをおかしてるな学校側は

中学の不良共を認識してないとは思えないし

大体桜木は髪が赤いし

あ、エスカレーター式なのか?

受験してないなら納得だ

 

#3 blood

好きなシーン
桜木の本気パンチで倒れない流川を評価する水戸
始まりの場面
桜木たち、屋上へ向かう
終わりの場面
桜木、晴子に嫌われる
主な登場順
流川、堀田先輩と他の3年生、桜木、洋平、大楠、野間、高宮、晴子
雑多な感想

晴子の「さいていよ」波動砲

一般ピーポー男子なら

もうその子とは二度と顔合わせる事なく時が過ぎ

心の痛みは取れぬまま大人になり

あの頃は良かったなとしみじみ感傷にひたり

老いていく人生となるだろう

女に嫌われると後戻りできない俺の勝手なイメージだ

 

晴子は本気で鈍感なところがいい

陰でこそこそ噂を広めるようなタイプでもない

計算してでしゃばったりしない

誰もが羨むタイプだろう

 

流川に一途なのに流川はそっちのけ

片思いが報われて欲しいが

桜木とくっついて欲しい気もする

 

#4 ゴリラジジイ

好きなシーン
ブァースケットボールが桜木の顔面直撃したところ
始まりの場面
晴子、勘違いをする
終わりの場面
桜木、バスケ部キャプテンと勝負
主な登場順
晴子、晴子の友達二人、桜木、洋平、大楠、野間、高宮、バスケット部員とキャプテン、流川
雑多な感想

手元が狂って桜木にボールがぶつかるが

鼻血が出るほど強烈な勢いで飛んで来るボールに

どう手元が狂ったのか気になる

外でパス練習なんてしないだろうし

何れにしてもお互いに不運である

 

いよいよバスケ部と桜木のファーストコンタクト

バスケど素人vsバスケ部キャプテン

という波乱な幕開けである

 

流川といいキャプテンといい

バスケ部は気が短いのか?

殺気立ってる奴が多い

血の気の多い展開になるだろう

 

#5 愛は勝つ

好きなシーン
フンフンディフェンス時の桜木の表情
始まりの場面
晴子、私のお兄ちゃんなのよ
終わりの場面
桜木、ボールを取る
主な登場順
晴子、洋平、大楠、野間、高宮、キャプテン赤木(晴子の兄)、桜木、流川、木暮(こぐれ)、バスケ部員
雑多な感想

晴子と赤木の兄妹の日常が垣間見れて

仲の良さにほのぼのするシーンも好きだ

赤木の桜木に対する期待とは

まったく正反対の展開になってしまうが

妹の直感を信じてやって欲しい

赤木もあんなに目を輝かせてたんだから

 

赤木のケツ見せサービスカットは

不幸の一言だな

 

木暮の変なTシャツもここから始まる

初回はオバQ

 

#6 JAM!

好きなシーン
桜木が悪のゴリラを退治したと晴子に話すシーン
始まりの場面
観客、桜木のボール奪取にざわめく
終わりの場面
桜木、お兄ちゃん!?
主な登場順
桜木、赤木、流川、晴子、晴子の友達、洋平、大楠、野間、高宮、木暮、バスケ部員
雑多な感想

桜木の攻撃開始ではあるが

まるでバスケを知らないのか?

見たこともないのか?

っていうバスケ認知の低さが怖い

 

スラムダンクが流行ってから

バスケ部員がどっと増えた記憶がある

流行る前にバスケが無かった訳はないよな

小学校の体育館にリングあったし

体育すらまともに授業でれなかった

という悲しい歴史を桜木は秘めているのか

 

赤木からボールを奪う腕力プラス

リングに叩きつけるほど跳ね上がる跳躍力

只者ではない桜木

 

#7 I'm バスケットマン

好きなシーン
ボール磨きの桜木の葛藤シーン
始まりの場面
桜木、バスケ部の部室に侵入
終わりの場面
桜木、根性見せた床掃除
主な登場順
バスケ部員、桜木、赤木、大楠、野間、高宮、洋平、晴子、晴子の友達
雑多な感想

桜木の根性を認めた赤木が

入部を許可する運びとなった

確かに徹夜してピッカピカに仕上げるのは

並みの根性じゃないが

目的が晴子だからねー

その不純さは加味せず赤木は認めたか

 

根性の問題なんだ

成長には根性が不可欠であり

根性が人間の真価を問う

赤木が根性の人であるからこそ

他のメンバーの根性が生きる

 

#8 花道入部

好きなシーン
全国制覇が目標と赤木が言った時の流川の腕組み
始まりの場面
バスケ部、新入部員揃う
終わりの場面
桜木、スミッコでダムダム
主な登場順
赤木剛憲(あかぎたけのり)、桜木、バスケ部新入部員、流川、大楠、野間、高宮、洋平、晴子、晴子の友達、安田(やすだ)、潮崎(しおざき)、角田(かくた)、木暮、彩子(あやこ)
雑多な感想

入部いきなりにして全国制覇を掲げる赤木

実現可能かどうかは置いといて

言い放ってしまうところが好きだな

みんな、全国制覇当然でしょ

みたいな雰囲気になるのもいい

流川らしくない反応だなぁとは思うが

 

流川187cm 75kg

桜木188cm 83kg

筋肉量の差なのか8kgも違うとは

これで殴られて倒れなかった流川すげー

バランス感覚と体幹が優れてるんだな

 

#9 基本が大事

好きなシーン
洋平でも止められない桜木の暴走
始まりの場面
桜木、入部から1週間経った
終わりの場面
桜木、部活を辞める?
主な登場順
彩子、桜木、流川、洋平、大楠、野間、高宮、晴子、赤木、晴子の友達、バスケ部員、木暮
雑多な感想

洋平ら桜木軍団が止めに入るも

まさに焼け石になんちゃら

洋平たちの止める気のなさと

何やら楽しんでるところがいい

 

桜木のボールさばきは一丁前で

恐ろしい形相のフフフンである

これだけだでバスケ経験者を魅了するとは

相当速いんだろう

天賦の才はあると言える

 

確かにキソはつまらんだろうが

一週間で投げ出すとは先が思いやられる