読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんなこんぴー

忘れ事が激しい俺の残し物

DEATH NOTE 1巻

漫画一巻読み

デスノート1巻の感想とまとめ

原作:大場つぐみ(おおばつぐみ)

漫画:小畑健(おばたたけし)

初版:2004年4月7日

 

当時ジャンプで読んだ時は

デスノートの存在を羨んだね

 

素晴らしい推理合戦を繰り広げ

結果は残酷なものとなるが

そこに行き着くまでの流れは

いつ見ても感心させられる

 

こんな展開書いて見たいものだ

 

目次

 

page.1 退屈

好きなシーン
デスノートが本物だと分かった瞬間
始まりの場面
死神界と人間界
終わりの場面
夜神月、新世界を妄想する
主な登場順
リューク、死神界の神、夜神月(やがみ ライト)、音原田九郎、素藤、渋井丸拓男
雑多な感想

どう考えても足がつかなそうな

殺人ノートでの殺人

目の前で人が死ぬのを目の当たりにすると

普通なら恐れおののきそうだが

ビビらないライトは持ち主として適正なのか

 

悪人を裁くのに躊躇ないライトが凄い

 

しょっぱなから引き込まれる展開

悪は死んだ方がいい

という意見を持つ人は少なくないだろうから

デスノート憧れを抱く人いるだろう

そんで自分ならもっとうまくやれる

と妄想しちゃうわけだ

 

page.2 L

好きなシーン
リンド・L・テイラーが生放送で倒れたところ
始まりの場面
ライト、せっせとデスノートに書き込み
終わりの場面
Lとライト、正義を主張
主な登場順
ライト(キラ)、リュークICPO、L(エル)、ワタリ、日本警察、リンド・L・テイラー
雑多な感想

なんでも直ぐ書いて殺すのは

ライト浅はかだなと思ってしまう

証拠が残らないという絶対の自信からくる

即行動なんだろう

 

こんだけ死人が出ていて

まだライトの目は輝いている

正義執行に自信を漲らせている感じ

人の命を奪う罪に

悪魔が乗り移ったりしないだろうか

 

Lは相当凄腕だな

あっと言うまに関東在住の人間の犯行に絞られた

なんて面白さだ

 

page.3 家族

好きなシーン
デスノートに触ったらリュークが見える、の告白シーン
始まりの場面
ライト、外を眺め小休止
終わりの場面
ライト&リューク、廃墟の診療所にて
主な登場順
死神界の神、ライト(キラ)、リューク夜神粧裕(やがみ さゆ)、L、局長、松田
雑多な感想

犯罪の抑止力に繋がってるデスノート

一見して良いことに感じるが

警察内では殺人鬼とされている

どんな人間でも命は尊いものなのか

大量殺戮者でもそうなのか

考えさせられる

 

刑事局長、情報漏洩じゃないっすか

目の前にキラが居るざんすよ

ライトだけならいいけど

妹の粧裕も居るし

 

page.4 電流

好きなシーン
デスノートを隠す仕掛けのシーン
始まりの場面
ライト、ノートを焼却
終わりの場面
L、FBIに捜査依頼
主な登場順
ライト、リューク、L、ワタリ
雑多な感想

悪人を裁くからLを裁くに切り替わり

邪魔者を排除する流れになっている

真っ向勝負を挑みたくなるのは

頭がいい人間の性なのかね

 

Lは警察内部か身内の犯行だと断定してきたね

決定力がある人間だ

Lからしたらほんと雲を掴むもので

キラに踊らされてるとも言えるのに

自分が殺されるかもしれないのに

よくやるよ

 

page.5 眼球

好きなシーン
死神は人間の寿命を食って生きている
始まりの場面
リューク、尾行が気になる
終わりの場面
リューク、死神の目の取引の説明
主な登場順
L、リューク、ライト、尾行者
雑多な感想

おしゃべりリュークが死神界の話をしてくれて

わくわくしながら読んじまった

リュークの目にライトの寿命が見えるが

数年くらいだとしたら

リュークも哀れんでるだろうね

 

死神も人間の寿命ありきっていうね

人類があるから死神も生きていける

神の存在がしょぼい...

 

page.6 操作

好きなシーン
Lに意味のないメッセージ横読みさせるシーン
始まりの場面
ライト、死神の目の取引は論外
終わりの場面
ライト、結構モテる
主な登場順
ライト、リューク、日本警察、L
雑多な感想

死神よりもより死神してるライト

犯罪者を殺すことへの躊躇が全くない

この点ほんとゲーム感覚で

死の感覚が鈍くなってる

現代人の象徴のように感じる

 

実際警察局長の父親は絶対許せん

って言ってるわけで

どういう教育でライトが育ったか気になる

裁判長になったら死刑が増えそうだ

 

あと父親の入力した情報ハッキングされてるし

なんつー甘いセキュリティなんだ 

 

page.7 標的

好きなシーン
バスジャック犯にリュークの姿が見えたところ
始まりの場面
ライト、尾行者探り実行
終わりの場面
バスジャック犯、事故死
主な登場順
リューク、ライト、ライトのデート相手、バスジャック犯(恐田奇一郎)、バスドライバー佐々木、レイ=ペンバー
雑多な感想

いきなりリュークが見えたら

平常心保ってらんないな

焦って乱射で死人がでなくて良かった

バスジャック犯の狙い所意外に急所だった

 

リュークって銃弾が貫通する時に

何かしら影響あるんだね

空気みたいなもんで通り抜けるだけだと思ってた

車にぶつかったら跳ねられるわけだね?

四肢が四散しても無事なのか